読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花のニュース

散歩の途中で見かけた、名前を知らない植物のメモ

ゾウコンニャク開花…独特な臭い、次第に薄らぐ

f:id:cyopico:20160528171131j:plain

開花したゾウコンニャク

 鹿児島県指宿市の植物公園「フラワーパークかごしま」のゾウコンニャクが26日、見込みよりも遅れて開花した。

 開花直後は、独特な臭いを漂わせていたが、時間がたつにつれ、薄らいでいる。

 南方原産のコンニャクの仲間で、2011年に同園で展示を始め、12、14年に開花した。

 直径30センチほどの暗い赤紫色。外側を花びらのような「仏炎苞ぶつえんほう」が囲み、中心に「付属体」が伸びている。付属体の下部に小さな雄花群と雌花群がある。開花直後、付属体から強烈な臭いを放ち、誘われてきた昆虫により受粉するという。

 入園料は、高校生以上620円、小・中学生300円。問い合わせは同公園(0993・35・3333)へ。

2016年05月27日 15時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun